これまで禁煙宣言を幾度となくし、挫折してきた方は少なくないと思います。ですが、そろそろ、ホントに、と思っているあなた、このサイトを見てその禁煙宣言が最後になることを願っています。

最後の禁煙宣言

禁煙は我慢なのか

禁煙を成功するために大切なのは、自分でタバコをやめるという決意をすることです。
禁煙というのは、長年喫煙しているほど、やめるのが難しいものです。
そのため、他人に言われたからと言って容易に禁煙できるものではないのです。
本人がしっかりと気持ちを整理し、取り組むことが重要になります。
ただし、実際に禁煙にチャレンジする時は、一人で行うことは非効率的です。
周りの人々から支援してもらうと、成功率が高まります。
家族をはじめ友人知人、同僚などに煙草をやめる旨を伝え、積極的に協力を求めてみるというのも一つの方法です。
また、禁煙外来などの医療機関を利用し、煙草に手を出せない環境を作り出すというのも効果的です。
そして、自分の喫煙のパターンを理解しておくことも求められます。
喫煙している時、自分がどういった環境に置かれているのかを客観視すると良いでしょう。
実際に喫煙中の様子を記憶しておいたり、メモするのも良いですが、後から1日のうちに喫煙する時間や状況を振り返るのも効果的です。
こうして自分が煙草を手にするタイミングを把握しておくと、喫煙したくなった場合に、他の方法で誤魔化すことができるようになるのです。
喫煙者が最もタバコを美味しく感じるのは、起床直後です。
そこで、起床直後は深呼吸をしたり水を飲むなどして、あえてタバコを連想しない過ごし方を心がけましょう。
体操をして身体を動かすことで、気を紛らわせるというのも最適です。
コーヒーとの相性も良いことから、コーヒーを口にすると無意識のうちに煙草に手を伸ばしかねません。
無意識に吸ってしまうことを予防するために、禁煙中はコーヒー自体を飲まないようにするといった対策も有効です。