これまで禁煙宣言を幾度となくし、挫折してきた方は少なくないと思います。ですが、そろそろ、ホントに、と思っているあなた、このサイトを見てその禁煙宣言が最後になることを願っています。

最後の禁煙宣言

助成金を受け取るよりも紙巻たばこを禁煙にする方が

最近は嫌煙権というものが認められるようになってきており、職場の分煙も徹底されるようになりました。
分煙をするための設備などを整えるために、助成金が支給される制度もありますが助成金があるからといって、出費がゼロというわけではありませんから、いっそのこと職場全体で紙巻たばこをやめて全員が禁煙をするという活動をしてみるのも良いでしょう。

タバコが有害なことは言うまでもなく、禁煙をすることは誰にとってもデメリットのあるものではありません。
タバコがあることでコミュニケーションが取れるというものもありますが、社員全員がタバコを吸わなければそのようなタバコによってとれるコミュニケーションというものがなくなるので、むしろ情報の共有が全員で行うことができるようになり仕事もより円滑に行うことができるようになります。

社員の健康状態が良くなるというのは、企業にとっても利点の多いものであり急に病気になって欠員が出てしまうという心配もありません。
それまでタバコ休憩やタバコを吸うことができないことによって能率が落ちていた部分に関しても、禁煙を促進することによって能率が良くなることになりますから、引いては企業の業績が上がることにもつながるのです。
禁煙というのは一人だけが行っていても、周りの人が吸っていればタバコを断つのが難しくなってしまうものですが、職場全体が禁煙を推進すればやめるのは難しいと考えている人であっても、禁煙をしやすくなります。
助成金があるからといって安易に分煙をしてしまうよりは、いっそのことタバコを吸う事自体を禁止してしまったほうが会社として森店があり、また働いている人としても長い目で見て得なことになります。